×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 和歌山 青年らサウンドデモ (しんぶん赤旗・近畿面 2017.05.21)

 2017年5月20日に和歌山大学内で行われた、「安倍政権に反対する和歌山デモ ABE NO! DEMONSTRATIONを報じた、しんぶん赤旗・近畿面(5月21日付)の記事です。




【文字情報】


和歌山青年らサウンドデモ
 青年らがよびかけた「安倍政権に反対する 和歌山デモABE NO! DEMONSTRATION」(実行委員会主催)が20日、和歌山市でおこなわれました。
 出発前集会で実行委員長の服部涼平さん=和歌山大学院生=は「戦争法、『共謀罪』、原発再稼働など、ますますひどくなる安倍政権の暴走に和歌山からノーの声をあげよう」と訴えました。民進党の岸本周平衆院議員が「憲法を守る政治をとりもどそう」とのべ、 日本共産党の原矢寸久衆院和欧山1区候補が「いま声をあげて自由と民主主義を守ろう。野党統一の力で安倍政権を倒そう」とあいさつ。自由党和歌山県連結成準備会からメッセ ージが寄せられました。
 参加者は「『共謀罪』反対」「憲法守れ」「安倍はやめろ」とコールしながらサウンドデモ。「安保関連法に反対するママの会@わかやま」のメンバーが「だれもが安心して安全に暮らせる政治を求めたい」、高校2年生が「憲9条で70年間灯された平和を守ってい く」とそれぞれの思いをスピーチしました。

――――――――――――――――――――――――――


(2016年5月21日入力)